選び方を押さえて自分にあった複合機を

スペースを有効活用しながらコピーやスキャナー、プリントやFAX、電話を使いたい方に、複合機の使用をお勧めします。プリンターや電話、スキャナーは別々に置くと費用もかさみますし、置き場所の確保も必要となります。それらすべての機能が一台にまとまっているのが複合機で、ビジネスシーンや家庭でも大活躍している機器です。特に家庭用の複合機は価格の安いものですと10000円程度のものも販売されていますので、初期コストも安く済みますし、狭いスペースを有効活用できるメリットがあります。壊れてしまうと一度に使えなくなるという懸念については、家電量販店の延長保証を利用することで十分初期コストに見合ったメリットを享受することができます。複合機は、用途に見合った商品を購入することがおすすめです。

使用頻度が低い方はエントリー機を

用途に見合った複合機というと、例えば使用頻度があまり高くなく、書類をコピーしたりスキャニングするのみという用途に限られる場合は、10000円前後のエントリー機の導入がおすすめです。あまり高い機器を購入しても、使用頻度が低いとコストパフォーマンスが悪くなってしまいますし、プリンターを使用しない時でもインク詰まりを予防するためインクカートリッジは定期的に作動し、減っていきますのでなるべく本体の安さを重視して選ぶのも一案です。見落としがちなのはインクカートリッジの費用です。これはメーカーによって異なりますが、上位機種になると色数が多く、その費用がかさむこともあるので、たまに使用する程度という方は、インク色を最低限に絞ったエントリー機の購入がおすすめです。

ヘビーユーザーは、上位機種がおすすめ

逆に毎日たくさんのコピーをとったりスキャニングをする、写真を何枚もきれいにプリントしたい、電話も多機能なほうが良いという方には、上位機種をお勧めします。複合機の上位機種には快適に使うための様々な機能が搭載されています。例えば、無線でデータを送りスマートフォンのデータを印刷する機能は、エントリー機種には搭載されていないことが多く、写真をきれいに印刷したい場合も上位機種のほうが色鮮やかに印刷することが可能です。印刷コストも上位機種のほうが節約機能などは充実しているタイプもあり、頻繁に利用するのであれば上位機種のほうが機能も多く優れています。エントリー機は電話機能も最低限の機能がついているのみですが、上位機種になると電話やFAX、スキャナやコピー、プリンター機能それぞれに非常に使いやすい機能が搭載されていますので、快適に利用することができます。