複合機の選び方を徹底的に解説します

印刷やスキャンといった複数の機能を一台にまとめたのが複合機で、最近ではオフィスでも家庭でも非常に普及しました。家電量販店などに行くと大量の複合機が展示販売されていますが、しかしそうした選択肢が豊富であることは比較の面倒さにもつながってしまっているのが事実です。こういった機材にあまり興味の無い人だと何を比較すれば良いのか分からないということも多く、そのために購入を先送りにしているという人も少なくは無いことでしょう。ですが複合機の比較というのは要点さえ押さえておけば難しいことは無く、人によっては要点を押さえたことで楽しく商品を比較できるようになることもあります。では複合機を選ぶ際にチェックするべき要点としては、どういったところがあるのでしょうか。

まずチェックするべきは機能の豊富さ

複合機を比較する上で最初のチェックポイントとしたいのは搭載されている機能についてです。複合機として販売している以上、それは単純な印刷機能だけではなく、別の機能も搭載されているものです。そのため印刷以外の機能として何が付いているのかは必ずチェックしましょう。現在だと主にあるのが「スキャン」と「ネットワーク接続」、そして「ダイレクトプリント」ですが、どれを重視するかは使い方によって異なります。もし書類などを電子データにしたいと思うならばスキャンの機能を重視すれば良いですし、複数台のパソコンで共同利用をしたいのならばネットワーク機能をチェックするべきです。またスマートフォンの写真をすぐに印刷したいということであればダイレクトプリント機能をチェックするといったように、それぞれのニーズに合わせて必要な機能が搭載されているかどうかでまず比べましょう。

機能が問題なければ印刷面のチェック

機能の比較が終わった場合、次にチェックするべきとなるのは印刷面についてです。たまに「プリンターなら全部同じだ」と言われることもありますが、実際には使用しているインクや対応している解像度、メーカーが搭載する独自技術などで印刷の仕上がりは大きく変わってきます。ただそうしたところの全てを比較するのは中々難しいですから、基本的には家電量販店で展示されている実際の印刷物をチェックし、カタログではインクが顔料か染料かでチェックすることをおすすめします。傾向として顔料は水にぬれてもにじみづらく、文字を印刷するのに向いている、染料は色が鮮やかになるために写真の印刷に向いているといったようになります。また最近だと顔や風景などを自動で補正してくれるような複合機もありますから、印刷面も好みに合わせて選ぶようにしましょう。